【インフルエンザ】今シーズンのインフルエンザ流行による死亡者数は、すでに200人超!?


カテゴリ
ブログウオッチャー
ブログウオッチャー/一覧 (2450)


[ねこじゃら/Maukie設置法]
[How to set Maukie.]



2009年1月
       
27

新着エントリ
2015年夏ドラマ(7月期)情報(暫定版) (5/25)
【2015年春ドラマ】4月期ドラマ視聴率ランキング/ アイムホーム、Dr.倫太郎、天皇の料理番、警視庁捜査一課9係、ようこそ、わが家へ、ドS刑事... (5/22)
【フィギュアスケート世界ランキング2014-2015】 (3/29)
【2015年冬ドラマ】1月期ドラマ視聴率ランキング/相棒(13)、〇〇妻、DOCTORS3、デート、銭の戦争、ウロボロス、流星ワゴン..... (3/17)
【'14-'15フィギュアスケート】 JGPシリーズ、GPシリーズ、四大陸、欧州選手権、世界フィギュア (2/15)
【2014年秋ドラマ】10月期ドラマ視聴率ランキング/ドクターX、相棒、きょうは会社休みます。、信長協奏曲、科捜研の女、ディア・シスター、素敵な選TAXI..... (12/25)
【2014年夏ドラマ】7月期ドラマ視聴率ランキング/HERO、昼顔、ST 赤と白の捜査ファイル、警視庁捜査一課9係(9)、ゼロの真実......... (10/6)
【2014年春ドラマ】4月期ドラマ視聴率ランキング/花咲舞が黙っていない、ルーズヴェルト・ゲーム、続・最後から二番目の恋、アリスの棘、MOZU、弱くても勝てます、極悪がんぼ... (7/1)
【2014年冬ドラマ】1月期ドラマ視聴率ランキング/相棒12、S〜最後の警官、明日、ママがいない、緊急取調室、失恋ショコラティエ、戦力外捜査官........ (3/28)
【'13-'14フィギュアスケート】世界フィギュアスケート選手権2014【結果速報】 (3/28)
【フィギュアスケート】ソチ五輪2014【結果速報】 (2/18)
【'13-'14フィギュアスケート】 JGPシリーズ、GPシリーズ、四大陸、欧州選手権、ソチ五輪、世界フィギュア (2/2)
【'13-'14フィギュアスケート】 四大陸選手権大会2014(4CC/2014)【結果速報】 (1/21)
【'13-'14フィギュアスケート】 ヨーロッパ選手権大会2014【結果速報】 (1/15)
【'13-'14フィギュアスケート】 カナダ選手権大会2014【結果速報】 (1/9)
【'13-'14フィギュアスケート】 全米選手権大会2014【結果速報】 (1/4)
【2013年秋ドラマ】10月期ドラマ視聴率ランキング/ドクターX、リーガルハイ2、相棒、科捜研の女、安堂ロイド、ミス・パイロット、独身貴族、海の上の診療所....... (1/1)
【'13-'14フィギュアスケート】 第82回全日本フィギュアスケート選手権大会【結果速報】 (12/20)
【'13-'14フィギュアスケート】 グランプリファイナル(GPF)、Jrグランプリファイナル(JGPF)【結果速報】 (12/4)
【'13-'14フィギュアスケートGPS第6戦】ロシア杯(ロステレコム杯)【結果速報】 (11/21)
【'13-'14 フィギュアスケートGPS第5戦】フランス杯(エリックボンパール杯)【結果速報】 (11/13)
【'13-'14 フィギュアスケートGPS第4戦】NHK杯【結果速報】 (11/4)
【'13-'14 フィギュアスケートGPS第3戦】中国杯(カップ・オブ・チャイナ)【結果速報】 (11/1)
【'13-'14 フィギュアスケートGPS第2戦】カナダ杯(スケートカナダ)【結果速報】 (10/22)
【'13-'14 フィギュアスケートGPS第1戦】アメリカ杯 (Skate America)【結果速報】 (10/18)
【2013年夏ドラマ】7月期ドラマ視聴率ランキング/ SUMMER NUDE、救命病棟24時、スターマン、Woman、ショムニ2013、DOCTORS2、斉藤さん2….. (10/1)
【2013年春ドラマ】4月期ドラマ視聴率ランキング/ガリレオ、幽かな彼女、家族ゲーム、ラスト☆シンデレラ、TAKE FIVE、35歳の高校生、BAD BOYS J、間違われちゃった男、お天気お姉さん... (6/25)
【2013年ジャニ歌CD/DVD】山下智久 「SUMMER NUDE '13」 (6/20)
ふじの花 (5/15)

新着トラックバック/コメント



ベルメゾンネット

アーカイブ
2004年 (135)
7月 (9)
8月 (13)
9月 (15)
10月 (41)
11月 (29)
12月 (28)
2005年 (820)
1月 (37)
2月 (19)
3月 (12)
4月 (273)
5月 (130)
6月 (94)
7月 (72)
8月 (45)
9月 (50)
10月 (23)
11月 (23)
12月 (42)
2006年 (443)
1月 (45)
2月 (39)
3月 (33)
4月 (26)
5月 (32)
6月 (30)
7月 (43)
8月 (57)
9月 (32)
10月 (44)
11月 (29)
12月 (33)
2007年 (321)
1月 (55)
2月 (38)
3月 (32)
4月 (8)
5月 (16)
6月 (27)
7月 (19)
8月 (5)
9月 (40)
10月 (25)
11月 (29)
12月 (27)
2008年 (299)
1月 (40)
2月 (25)
3月 (28)
4月 (33)
5月 (20)
6月 (14)
7月 (9)
8月 (6)
9月 (24)
10月 (49)
11月 (25)
12月 (26)
2009年 (200)
1月 (25)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (10)
5月 (5)
6月 (11)
7月 (15)
8月 (15)
9月 (14)
10月 (30)
11月 (22)
12月 (29)
2010年 (108)
1月 (31)
2月 (11)
3月 (10)
4月 (1)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (3)
9月 (10)
10月 (20)
11月 (8)
12月 (10)
2011年 (54)
1月 (10)
2月 (2)
3月 (5)
4月 (6)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (9)
10月 (6)
11月 (7)
12月 (4)
2012年 (31)
1月 (4)
2月 (2)
4月 (3)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (4)
10月 (7)
11月 (5)
12月 (2)
2013年 (22)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (2)
10月 (3)
11月 (4)
12月 (2)
2014年 (12)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (2)
7月 (1)
10月 (1)
12月 (1)
2015年 (5)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (2)


アクセスカウンタ
今日:777
昨日:5,819
累計:45,671,888


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2009年01月27日(Tue)
< 【インフルエンザ】タミフ... < 【米国内騒然】22才の女子... | 社会 (Society)/事件/一覧 | 【事件】SMAP・草なぎ剛メ... > 【地デジ大使・草なぎ逮捕...
【インフルエンザ】今シーズンのインフルエンザ流行による死亡者数は、すでに200人超!?

インフルエンザ流行時に死者が増加!


 今シーズンのインフルエンザ流行により、集団感染で数名のお年寄りの死亡が報道されていますが、感染症情報センターのインフルエンザ関連死亡迅速把握システムによると、インフルエンザにより直接または間接的な死亡数が約200名にも達していることが報告されています。

 多くの場合は、インフルエンザは自然に治癒すると考えられていますが、実際には合併症を起こしたり、原因不明の突然死を引き起こす場合があるようです。 インフルエンザによる熱が下がり、完治したと思っていても、その後に突然死亡するケースを調べてみると、インフルエンザ脳症肺炎などの合併症を起こしていることが多いそうです。 これらの場合は、インフルエンザが直接の死因として報告されないために、マスコミが取り上げることも少なく、我々も『インフルエンザで死ぬことはない!』といった思い込みをしているようです。 毎年インフルエンザが流行する季節(11月〜3月)に報告される死亡数が、それ以外の季節に比べて多いという事実は、一般的には、冬場の寒い時期なので、お年寄りや子供の肺炎や、お年寄りの脳梗塞が起きやすいことが原因と考えられていますが、実際はインフルエンザが引き金となった死亡がかなりあるようです!

インフルエンザ・肺炎死亡における超過死亡


インフルエンザ・肺炎死亡における超過死亡  感染症情報センターが2000年から研究を進め、一般公開しているインフルエンザ関連死亡迅速把握システムでは、インフルエンザが直接または間接的に死亡原因となった考えられる死亡数を『超過死亡』として導き出して、社会全体への影響やリスクを求めています。 現実的には、個々の死亡ケースの原因解明は困難であるため、過去のデータを元にインフルエンザ流行が無かった場合の死亡数(推定値)を『ベースライン』(緑)とし、統計的なバラツキの範囲『閾値(いきち)』(ピンク)を設定します。

 『ベースライン』〜『閾値』の範囲ならば統計的に誤差の範囲、すなわちインフルエンザによる死亡増加への影響が認められないと判断! 逆に、『閾値(いきち)』を超える死亡者数はインフルエンザ・肺炎死亡における『超過死亡』と判定する方法です。

 解析図(感染症情報センターより引用)のように、〜2008年末(〜52週)、2009年1週までは、報告された死者数が『ベースライン』(緑)〜『閾値』(ピンク)の範囲でしたが、2009年2週にはピンクラインを超えて大幅に増加しています(約200名増) この増加の大部分は、東京における死亡数です。 このシステムは、現在のところ、18大都市からの情報提供の遅れなどがあり、約2週間後に状況が把握できるだけですが、インフルエンザ流行のピークを迎える今後の変動に注目する必要があると思います。

 今シーズンのインフルエンザ流行の主流は、タミフル耐性の「Aソ連型」と老人施設で集団感染を引き起こし数名の死者を出した「A香港型」とされています。 一般には、インフルエンザが原因で死亡することは稀と考えられているが、実際には間接的な死因となる場合が多くあるという現実を認識し、インフルエンザ対策をいたしましょう!  

 話は変わりますが、現在、中国では致死的な『鳥インフルエンザウイルス』による人への感染が深刻化しています。 中国での昨年2008年の死亡者数が4名ですから、2009年になって早くも5人目の死者が出ているということは、異常事態ですね(時事通信1/27)。 中国は、国際機関WHOの調査を拒否していますので、実情を隠そうとしているのでは........と世界中から非難されています。 春節(中国のお正月)が終わった後に、中国へ帰省していた多くの人々が全世界に散らばり、致死的な『鳥インフルエンザウイルス』が世界中にバラまかれるのでは.......といった恐ろしいシナリオが囁かれています(恐恐恐)


参考になりましたらブログランキングに1票を!
ブログランキング・にほんブログ村へ